2017年度 OB・OGメッセージ

柿本 里那さん

柿本 里那さん

映像・放送コース / 平成24年3月卒業

ぶんぶんテレビ(佐賀シティビジョン㈱) CATV(佐賀市)

私は九州龍谷短大を平成24年に卒業後、NBCラジオ佐賀でリポーターを3年間経験し、昨年、佐賀市のCATV局ぶんぶんテレビにアナウンサーとして採用されました。今は、現場で取材し、原稿を書き、撮影や映像編集もして、それを番組内で伝えるという、大変ですがやりがいのある仕事をしています。実は、ニュース原稿を書き、アナウンスし、映像撮影・編集などはこの短大で必修科目として学んだもので、今の私には「経験」として大いに役に立っています。
ラジオもテレビも即戦力・適応力が求められる時代です。映像・放送コースで同じような目標を持つ仲間たちと切磋琢磨しながら、自分の夢に一歩でも近づく努力をしてみませんか?

近田 真一さん

近田 真一さん

司書・情報コース / 平成27年3月卒業

小城市立牛津中学校(学校司書)

 私は現在、小城市の中学校で嘱託の学校司書として勤務しています。公立図書館とは違い、利用者が生徒と先生であるため対応がしやすい面と難しい面とがあります。対応しやすい面は学校の授業や様々な活動に関わる仕事が多いことと、利用者の対象がはっきりしている点です。対応が難しいのは、思春期を迎え変化しやすい生徒たちの意欲や気持ちにより添った図書館サービスができているだろうかと悩む点です。
 それでも、2年間の在学期間を通して学んだ知識と専門性と自分の持ち味の粘り強さを生かして、学校図書館の充実と生徒たちの成長に貢献していきたいと日々努力しています。

小宮 望里さん

小宮 望里さん

司書・情報コース / 平成27年3月卒業

(株)フォーバル

現在の職場ではお客様からの商品に対する質問や社内からの仕事の連絡など、電話受付の仕事をしています。電話とはいえ、受付は「会社の顔」であるため、毎日笑顔を意識して仕事にのぞんでいます。
 在学中には人との関わりの大切さを学びました。振風祭やサークル活動を行うなかで自分とは性格や価値観が全く違うとしても、相手を理解しようと努めることが大切であると感じました。それは現在の職場の人間関係やお客様とのやり取りの中でも大きく役に立っています。2年間の在学期間をとおして九州龍谷短期大学は人間として成長できる場所です。

丸隈 燈子さん

丸隈 燈子さん

仏教コース

本願寺派福岡教務所の職員として勤務中

 私は、九州龍谷短期大学仏教コースで仏教・浄土真宗について二年間学んだ後、京都の龍谷大学真宗学科に編入させていただきました。その後、本願寺の勤式指導所でお勤めや作法、雅楽を学びました。本山での法要すべてに参拝でき、充実した一年間でした。
 その後、自坊に戻り、福岡教務所の臨時職員を経て、四月からは正職員として勤務する予定です。福岡教務所では、事務作業だけでなく、各種行事への対応も行っています。
 短大での学びが、今の私の原点になっています。

2016年度のOB・OGメッセージ