人間コミュニティ学科概要

本来、人と人とは、あたたかな信頼の<きずな>で結ばれなければなりません。しかし、私たちの生きるこの社会はどうでしょうか?家庭・職場・地域などのさまざまな場において、その<きずな>は失われつつあります。
このような時代背景の中で、人間コミュニティ学科では、豊かな人間性と現実を切り開く力を、教育を通して育み、企業団体・施設・地域社会などのさまざまなコミュニティを活性化し発展させることのできる、バランスのとれた人材を養成していきます。

人間コミュニティ学科のコース紹介

人間コミュニティ学科では、取得資格や希望進路により次のような3つのコースが設けられています。

 これらのコースの学びは一つの目安です。コースを越えて学ぶことができますし、複数のコースを同時に選択することも可能となるようなカリキュラムが組まれています。

人間コミュニティ学科の特色

1. いのちに共感できる豊かな人間性を育てます
生きる喜びと、いのちの重みを実感し、他人の痛みに共感できる豊かな人間性をはぐくみます。
2. 社会の現場で通用する実践力を養成します
問題を把握し、対応し、解決する力を養うことによって、社会が求める人材を育みます。
3. 多彩な専門家による実践的な授業
ソーシャルマナー、カウンセリング、ビハーラ活動、社会福祉、アナウンス、照明・録音、映画評論など、各分野の第一線で活躍中の専門家から、現場での経験に基づく生きた智恵を学ぶことができます。
4. 幅広い分野から自由に選択できる魅力的なカリキュラム
それぞれ、仏教コース、司書・情報コース、映像・放送コースに所属しながら、人間コミュニティ学科の幅広い専門科目から、コースの枠を超えて自由に学ぶことができる、魅力的なカリキュラムです。
5. 地域社会の積極的な協力による充実した実習体制
地域社会からの積極的な協力と支援による実習を実施しています。現場での経験を通して、即戦力となる実力を身に付けます。
6. 少人数コース制によるきめの細かいサポート
少人数コース制による、教員の丁寧な指導・助言により、一人ひとりの皆さんを大切に育てます。自分のペースで、誰もが安心して学生生活を送り、希望する進路を開拓することができるよう支援します。