教育方針

 本学は、親鸞聖人のみ教え、つまり、与えていただいたいのちのありがたさに気づき、自らを律しきれない自分であるという未熟さを常に省みながら、お互いを尊重し敬い合うことを実践する人間力を身につけることを建学の精神として、以下の実践目標を掲げて、全学共通の教育方針とします。

  •   知恩…いのちの不思議を思い、感謝の心を育みます。
  •   自律…自らを律し、自身の責任と役割を果たします。
  •   内省…常に謙虚に自らの未熟さ、至らなさを省みます。
  •   平和…共に生きる一人ひとりのいのちを重んじ、平和な社会を築きます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

 本学の教育方針である建学の精神を深く理解し、建学の精神から導かれた4つの実践目標「知恩・自律・内省・平和」を実現できる力を身につけ、所定の単位を修得し、各学科が定めたディプロマ・ポリシーを満たした人に卒業を認定し、短期大学士の学位を授与する。

人間コミュニティ学科

 本学科では、以下の要件を満たした場合に、卒業を認定し、短期大学士の学位を授与します。

  1. 建学の精神を理解し、現代社会に対する深い知識とそれを表現する能力を身につけるために規定の「共通科目」を修得している。
  2. 高度な専門知識と実践力を身につけるために、それぞれのコース固有の科目を中心とした規定の「専門科目」を修得している。

保育学科

 本学科では、所定の単位を修め、以下の能力を備えた学生に卒業を認定し、短期大学士の学位を授与します。

  1. 建学の精神を理解し、豊かな人間性と円滑な人間関係を築く能力を身につけている。
  2. 保育者として必要な専門知識・技能及び思考力・判断力・表現力を身につけ、保育現場で実践することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 本学の教育方針である建学の精神を理解し、4つの実践目標「知恩・自律・内省・平和」を達成し、各学科の専門とする分野の知識・技能の向上を図るために、各学科に「共通(教養)科目」と「専門科目」を置きます。
 共通(教養)科目は、建学の精神について理解を深める科目に加え、語学や法律、一般教養等に関する社会人としての基礎知識についての科目や、インターンシップやソーシャル・マナー、生涯スポーツ等の実技や体験をとおして学習する科目で構成しています。
 専門科目は各学科及び各コースの専門分野に関する知識・技能・実技・実習等の科目で構成しており、卒業後各分野で就職した際に実践力を発揮できるよう系統的に科目を配置しています。

人間コミュニティ学科

 本学科では、社会で活躍できる専門的能力を養成するために、仏教コース、司書・情報コース、映像・放送コースを置き、理論と実践をバランスよく学べるように、以下のような目標や特色を持ったカリキュラムを編成しています。また、コースの枠を越えて幅広い専門科目から学ぶことにより、多角的な視点からものごとを見ることができます。

  1. いのちに共感できる豊かな人間性を養います。

    生きる喜び、いのちが目に見えない多くの願いや働きに支えられていることの実感、人の痛みへの共感ができる豊かな人間性を育みます。

  2. 社会で通用する実践力を養成します。

    社会で必要とされる言語能力やコミュニケーション能力を身につけ、さまざまな現場に即応できる能力を獲得します。

  3. 高度な専門知識や技能を育成します。

    それぞれの学生が目指す将来像に向けて、個々の特性を生かしながら、学外での現場実習をとおして各コースの専門的能力を育成します。

保育学科

 本学科では、建学の精神に基づき、知識・技能だけでなく将来を担う子どもたちの成長・発達に携わる者としてふさわしい、豊かな人間性と思考力・判断力・表現力を備えた保育者を育成します。また、建学の精神を通してすべてのいのちを慈しむこころを持つ保育者の育成を目指し、以下のカリキュラム・ポリシーを掲げています。

  1. 建学の精神に基づいた豊かな人間性を育み、円滑な人間関係を築く力を養成します。

    総合仏教講座や仏教保育基礎課程修了証に関する授業、保育者論や幼児教育研究発表会などの授業や行事を通して、建学の精神に基づいた豊かな人間性と円滑な人間関係を築く力を養成します。

  2. 保育者として必要な専門知識の獲得を目指します。

    子ども理解についての基礎的理論や教育・福祉等における原理等について学び、幼児教育・保育に必要な専門知識を身につけます。

  3. 保育者として必要な技能や表現力の修得を目指します。

    音楽・造形・身体運動・言語などの領域における基礎技能を身につけ、幼児教育・保育現場において必要な保育者としての表現力を育成します。

  4. 保育者としての実践力を身につけるため、基礎知識や基礎技能を活用した思考力、判断力や表現力の修得を目指します。

    指導法に関する知識や技能を修得し、実習や実技において基礎知識や基礎技能を活用するための思考力、判断力や表現力を養い、保育者としての実践力を高めます。


アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

 本学の教育方針である建学の精神に基づき、次のような人を求めています。

  1. 建学の精神に共感し、いのちの尊さに目覚め、報恩、感謝、敬愛の精神を育もうとする人
  2. 夢や希望をもって、自ら道を切り拓く意欲のある人
  3. 将来の目標をしっかり持ち、目標の実現に向かって努力する人
  4. 高等学校卒業程度の学力を有し、本学で学びを深める意欲のある人

人間コミュニティ学科

 本学科では、現代社会のさまざまなコミュニティの中で、多くの人と接しながら自らの人間性を高め、コミュニケーション能力を発展させることができる人材の養成を目指し、次のような人を求めています。なお、学科には「映像・放送コース」「司書・情報コース」「仏教コース」があります。

  1. 映像・放送に関心を持ち、知識・技能を意欲的に習得し、関連の仕事に就こうとする人
  2. 本や資料に関心を持ち、収集、整理、分類、活用等を意欲的に学び、関連の仕事に就こうとする人
  3. 仏教・浄土真宗に関心を持ち、理論、実践、応用を意欲的に学び、関連の仕事に就こうとする人

保育学科

 本学科では、建学の精神に基づいた人間観を学ぶことを通して、心豊かな保育者を育てます。さらに、幼児教育・保育についての知識や技能だけでなく、保育者としてふさわしい人間性と思考力・判断力・表現力の育成を目指し、次のような人を求めています。

  1. 子どもが好きで、子どもの育ちに興味があり、幼児教育・保育に関する仕事に就こうとする人
  2. 相手の立場に立って考え、行動し、円滑な人間関係を築こうとする人
  3. 好奇心が旺盛で、何事にも積極的に取り組み、自ら学ぼうとする人

以上