2019年度 九州龍谷短期大学履修証明プログラム 親鸞学入門

履修方法

内容時間
内訳(1)科目等履修 仏教コースカリキュラムから2科目選択30時間×2科目=60時間
(2)報恩講座 (4月、5月、6月、7月、10月、11月、12月、1月)2時間×8回=16時間
(3)仏教文化研究所主催 公開講座等
  9月開講連続公開講座2時間×4回=8時間
  龍谷仏教講座2時間
  公開集中講義30時間
  振風仏教講座2時間
合計118時間
履修方法
①または②
のいずれか
① (1)科目等履修 仏教コースカリキュラムから2科目以上選択
② 上記(1)~(3)から講座単位で合計60時間以上選択し受講する
○願書提出期限2019年3月29日(金)
○受講費用3万円


科目名と授業概要

科目名担当教員学年開講学期授業概要
真宗入門熊谷法明1年生前期浄土真宗を開かれた親鸞聖人の教えを、現代を生きる私たちがどのように受け止めるのか、自分自身の問題として学んでいきます。
真宗学概論Ⅰ後藤明信1年生前期親鸞聖人が明らかにされた浄土真宗の内容を体系的に学びます。特に、所依の経典である、浄土三部経を中心に見ていきます。
真宗学概論Ⅱ後藤明信1年生後期「真宗学概論Ⅰ」で学んだ内容を承けて、浄土真宗の教義内容を学びます。
真宗の思想Ⅰ(教行信証Ⅰ)能島覚1年生後期親鸞聖人の主著『教行信証』の構成・概要を把握したうえで、「総序」「教文類」を中心に学びます。
真宗の思想Ⅱ(教行信証Ⅱ)後藤明信2年生前期「真宗の思想Ⅰ」で学んだ内容を承けて、『教行信証』「行文類」を学びます。
真宗の思想Ⅲ(安心論題)藤谷隆之2年生後期浄土真宗の教義を、論題(教義に関する重要なテーマ)によって学びます。
真宗史宇治和貴1年生前期仏教の伝来から親鸞聖人の生涯、その後の真宗教団の歴史について学びます。
真宗の経典Ⅰ(正信偈)藤谷隆之1年生前期浄土真宗の聖教の中でなじみの深い『正信偈』を学びます。特に、依経段と呼ばれる前半部分を中心に学びます。
真宗の経典Ⅱ(御文章)藤谷隆之1年生後期浄土真宗の教えを平易に示された、蓮如上人の『御文章』に何がどのように説かれたかを学びます。
真宗の経典Ⅲ(七祖の言葉)千葉考史2年生前期「七高僧」の著述に基づいて、その思想を学びます。